FX 資産管理

FXの資産管理

忘れちゃいけない資産管理の重要性

 

 

FX初心者が忘れないようにしたいことは、資産管理についてです。大きなカテゴリーで考えれば、FXを含める投資も資産管理の1つです。

 

取引ばかりに目が行ってしまうと、この資産管理を疎かにしてしまい、損失が膨れ上がってしまうことがあります。損失を減らすためにも、資産管理が重要になります。

 

資産管理の重要性

 

例えば家庭においても、家計簿をつけることがあります。家計簿をつける目的は支出が何かを確認することによって、削減することができる項目がないか確認することです。会社でも、帳簿をつけて利益と損失を見比べて、改善点がどこにあるか調べます。これらを行う目的は、トータルの資産管理のためです。

 

さらに分かりやすく言うと、欲しい商品がありそのためにコツコツと貯金をすることも資産管理です。資産を適切に管理することができるようになることで、FXの損失を減らし利益を増やすことができます。

 

FXの資産管理とは

 

FX資産管理

FXに置き換えて資産管理を考えてみると、まず大切なことは損失をどこまでに設定するかということです。損失が大きくなりすぎてしまい、資産を全て失ってしまっては意味がありません。逆に利益確定をどこに設定するかも重要になります。その他にも、レバレッジの費用はいくらになるか、自身が取引を行う時間帯を決める、期日を設けて利益を目指すなども資産管理です。

 

トータル的に計画を立てることによって、上級者のトレーダーになることができます。初心者の段階では中々難しいですが、少しでも近づくことができるように資産管理を行いましょう。

 

資産管理と聞けば難しく捉えがちですが、簡単に言えば自分なりのルールを作るということです。特に損失と利益に関するルールが大切なので、初心者の段階はそこを重点的に考えると良いでしょう。

 

実は、資産管理はカンタン

 

 

資産管理と聞くと身構えてしまいますが、それほど難しいものではありません。以下のことを順番に行うだけで、資金管理を行うことができます。

 

利益を出す方法の決める(決済なのか、スワップポイントなのか)

利益確定と損失確定の金額を決めておく

自身の資金と比較した無理のないレバレッジの設定

特定の通貨ペアだけを扱わずにリスク分散する

その日の損失や利益を記録した投資用ノートを作成する

 

以上になります。

 

全てそれほど難しいことではありませんので、取引を開始する前に自身で設定するようにしましょう。初心者の段階では、複数の通貨ペアを取り扱う余裕はないかもしれません。そのようなときは、ドル円のような比較的安定している通貨ペアを主軸にすると、リスクを減らすことができます。

 

 

初心者でも大勝した具体例

 

 

私の友人に、的確な資産管理を行って、取引で大勝ちすることができた人がいます。その友人は、私の目から見ても上級者とは言い難く、FXに関する知識が豊富だった訳ではありません。しかし、
資産管理を適切に行なったことによって、大勝ちすることができました。 
その手法はシンプルでした。それは「損失確定と利益確定を決めていた」だけです。

 

そのときに起こったのがリーマンショックで、所有していたドルが大幅に下がってしまいました。ここで友人が懸命だったことは、50万の損失で済むように、確定ラインのハードルを設けていたことです。利益確定ラインは高目にし、損失確定ラインは低目に設定していたので、小さな損失で済みました。

 

友人は驚くことに、相場価格など為替自体への関心がなかったのですが、初心者から見ても「いつかは下がったドルが上がるだろうな」と考えていたようです。ドルが下がりきったと思ったときに、友人は再びドルを購入しました。

 

すると徐々にドルが上昇し、彼は50万の損失を出していたにも関わらず、最終的にはトータルで150万円の利益を出すことができました。最初から考えると100万円のプラスです。このときには、特定のレートに行くことで自動決済することができる、指値注文を利用していました。

 

非常にシンプルな方法で、彼は損失を出してしまった状態から、トータルでは利益を出すことに成功しました。彼は損失確定に関しては金額が大きくならないようにハードルを上げて、利益確定は多少大きめの金額にしていました。結果とすれば、これが功を奏したことになります。

 

初心者で知識がなかったとしても、資産管理をしっかりと行い運用すれば、利益を出すことができることが分かります。

 

資産管理をするための方法とは

 

 

先程紹介した友人は、損失を出しても揺れない精神力と、淡々とした資産管理で利益を出すことができました。

 

それでは、具体的にどのように資産管理をすれば良いのかをご説明します。

 

具体的な資産管理

 

何度か繰り返していることですが、資産管理で大切なのは基準を設けるということです。利益確定と損失確定の基準を設けることによって、リスクを大幅に軽減することができます。

 

「いくら利益を出すことができれば決済を行う」という基準を設けた後は、次に「いくら損失が出ればロスカットになるか」の基準を設けましょう。

 

FX資産管理

ここで重要なのは、利益確定と損失確定の金額に明確な基準を設けるということです。個人によって持っている資金は違いますので、自身がいくらまで損失を出すことができるのか、いくらを目標に利益を出したいのか事前に考えることが大切です。その度に曖昧な基準になってしまうと、一貫性を持つことができなくなります。

 

この行為を繰り返すことによって、自然と利益確定と損失確定の基準が分かるようになり、トレードもスムーズに行えるようになります。資産管理をうまく行えるようになれば、一人前のトレーダーと言っても良いでしょう。