FX初心者向けの通貨ペア

FX初心者向けの通貨ペア

FX初心者向きの通貨ペアはどれ?

 

 

人にも個性があるように、通貨にも個性があります。このような表現だと不思議に感じる方も多いかもしれませんが、その国や地域の政治経済に関連した傾向と考えれば分かりやすいです。

 

人にも個性があり、通貨にも個性がある。お互いの個性を踏まえてから相性の良い通貨を選ぶことによって、取引に活かすことができるようになります。

 

身近な通貨とは?

 

FX初心者向け

円、米ドル、カナダドル、ニュージランドドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルなどFXで取引することができる通貨にはたくさんの種類があります。様々ある通貨の中でも、普段から身近な通貨が個性を把握しやすく初心者向きです。

 

普段使用する円以外で最も身近な通貨は、アメリカが発行している米ドルです。海外旅行に行っても、アメリカでなくても米ドルで購入することができることがあります。世界的な基軸通貨となっており、経済面でも米ドルで取引することも少なくありません。日本のニュースでは、毎日円と米ドルの為替が報道されています。

 

為替のニュースも所得しやすく、政府間も民間も距離が近いアメリカのドルが、最も身近な通貨と言えるでしょう。

 

取引をするに当たって、円と米ドルで行うことをドル円と言います。

 

FX初心者向きは確実にドル円ですので、迷ったときはドル円で取引をするようにしましょう。 

 

なぜドル円が初心者向きなの?

 

 

ドル円が初心者向きであるのは、情報収集しやすいことも挙げられますが、値動きの幅が小さいのも大きな理由の1つです。値動きが大きいと、利益を大幅に出すこともできますが、その分損失が大きくなってしまいます。

 

為替取引の金額はアメリカドルとユーロが最も大きいですが、その次に大きいのが円です。ユーロは国家の集合体ですので、国家間で最も取引が大きいのは実質日本とアメリカということになります。

 

ドル円の特徴

ドル円の特徴は、大きく挙げると3つあります。

 

1.値動きが小さいため利益も損失も少ない

2.急に値動きが振れることが少ない

3.戦略を立てるだけの時間がある

 

どちらの通貨も安定した価値を持っており、大きく値動きすることは少ないです。利益が出るときの金額が小さくなってしまうというのは、デメリットとしても考えることができますが、慣れていない初心者の段階では、損失を少なくすることができるメリットが大きいです。

 

取引量の少ない通貨だと、ストップ狩りと呼ばれる行為が横行することがあります。ストップ狩りとは、一時的に資金を投入することによって、意図した為替レートに誘導することです。ドル円は取引量も多く、ストップ狩りが行われることはありません。

 

FX初心者向け

値動きが緩やかですので、焦って取引してしまうこともありません。時間的な猶予がありますので、じっくりと戦略を立てることができます。初心者だと焦って判断を誤ってしまうことがありますので、考える時間があるのでこのようなミスを減らすことが可能です。

 

以上の理由から、ドル円は最も初心者向きの組み合わせと言えます。

 

 

レバレッジはドル円で学ぶのが最適

 

 

FX取引の最も大きな特徴は、レバレッジすることができるということです。このレバレッジを学ぶに当たっては、ドル円で行うのが最適です。

 

レバレッジを行うことによって、資金以上の金額でFX取引を行うことができます。これは飛躍的に利益を上げることができると同時に、損失も大きくなってしまうということです。少しでも大きな利益を上げたいと思ったときは、レバレッジをかけることが前提となります。

 

ドル円はロスカットのリスクが小さい

 

利益を飛躍的に上げてくれるレバレッジですが、損失も大きくなってしまいます。損失が大きくなれば、強制的にロスカットされてしまいます。為替レートの変動が大きければ大きいほど、ロスカットのリスクが上がります。
ドル円の特徴は、為替レートの変動が小さいということです。したがって、ロスカットになってしまうリスクも小さくなり、長期的な取引を行うことができます。この間に「レバレッジはどういうものか」しっかりと学ぶことができます。

 

ドル円で学んだことを他の通貨ペアでも生かせる

 

ドル円でレバレッジに関することを学べば、他の通貨ペアで取引を行ったときもその経験を生かすことができます。ドル円が初心者向けと言われる理由は、冷静にレバレッジに関する経験を積むことができる点が大きいです。

 

 

ドル円の値動きの特徴とは?

 

 

多少専門的になってしまいますが、初心者向けに噛み砕いてドル円の値動きについて特徴を説明します。

 

ドル円とテクニカル分析

 

ドル円は為替レートが緩やかですが、テクニカル分析とは相性が悪い傾向があります。テクニカル分析に基づいてチャートを予想したとしても、外してしまうケースが少なからずあります。

 

FX初心者向け

テクニカル分析は、時間を浪費してチャートを予想します。苦労したにも関わらず、思った通りのチャートにならないことがあり、悔しい思いをしてしまうことも多々あります。当然予想通りの結果になることもあるので、今後どのようになるかを予想することは難しいです。傾向としては、日本の大手企業の売買に注目することで、予想がうまく行くケースが多いです。

 

日本企業にはトヨタやソニーを始め、世界に誇れる大手企業がたくさんあります。これらの大手企業が、ある一定の方向に向けて投資を行うと、テクニカル分析を当てにすることが難しくなります。企業の動きは、経済ニュースに注視しなければなりません。

 

経済や政治の動きなど、ニュースから為替レートを予想するには、うってつけなのがドル円です。

 

初心者向けにドル円を勧める理由

 

馴染みの深い通貨同士なので情報を入手しやすい

値動きの幅が小さくリスクが少ない

レバレッジに関する経験を積むことができる

経験や知識を他の通貨ペアの取引に生かせる

 

以上が勧める理由です。

 

ただし、テクニカル分析の予想が外れやすいことは、注意してFX取引するようにしましょう。