FX アイエフオー注文

FX アイエフオー注文

IFO(アイエフオー)注文

 

 

2つの注文を同時に出し1つ目が約定した後に2つめの注文が発動するIFD注文、2つの注文を同時に出すことができるOCO注文をご紹介しました。IFO注文とは、この2つの注文を組み合わせた注文方法です。

 

簡単に説明すると、1つ目の注文が約定した後に発動するIFD注文が、約定後1つ注文数を増やすことができるということです。
IFD注文が約定した後に、OCO注文が発動するという考え方もできます。

 

FXアイエフオー注文

IFD注文の際には、決済した後の注文は1つしか行うことができません。しかし、IFO注文で行うことによって、同時に3つの注文を出すことができます。

 

3つ同時に注文することができるということは、新規にポジションを確保する注文、利益を確定させることができる指値注文、損失を限定させることができる逆指値注文を同時に行うことができるということです。投資でもあるFX取引において、3つ同時に注文できるということは非常に安全な取引ができるということです。

 

具体的なIFO注文の活用例

 

それでは、具体的な例題でIFO注文の活用方法をご説明します。

 

現在の相場は1ドル111円です。まずは、1ドル110円になったときに買い注文を行います。これが1つ目の注文になりますが、IFO注文では後2つの注文を行うことができます。

 

まずは利益を確保するために、1ドル112円になった際に売りの指値注文を行います。もう1つの注文は、損失を限定させるために1ドル109円になった際に売りの逆指値注文を行います。

 

このような注文方法を行うことによって、思惑通りレートが推移すれば2円の利益を確保することができますし、仮にレートが下がってしまっても1円の損失に抑えることができます。

 

IFO注文は、新規ポジションを持つことができると同時に、利益の確保と損失の限定を両方行うことができます。したがって、普段あまりパソコンやスマートフォンでレートを確認することができない、思わぬ用事が入ってしまったときなどに有効活用できます。

 

 

IFO(アイエフオー)注文の注意点

 

 

証券でも行われるIFO注文ですが、基本的にはIFD注文と同じです。違いは1つ目の注文が約定した後の注文が1つ増えるだけです。したがって、IFD注文と同じ注意点があります。

 

それは「1つ目の注文したレートにならない限り、いつまで経っても約定しない」ことです。現在のレートとかけ離れた価格で注文してしまうと、長期間取引が成立しないことも考えられます。

 

また、1つ目の注文したレートとは逆方向に向かってしまうと、手動で取引しなければなりません。レートを中々確認することができない人が有効活用できるIFO注文ですが、ある程度は見る必要があります。

 

3つの注文を同時に行うという性質上、IFD注文やOCO注文と比較して、初心者にはハードルが高い側面があります。初心者は最初からIFO注文を行うのではなく、成行注文から始めてIFD注文やOCO注文へとステップアップし、取引に慣れてから行うのが良いでしょう。

 

 

IFO(アイエフオー)注文の特徴

 

 

IFO注文の特徴に関して、メリットデメリットに分けてご説明します。

 

メリット

 

1.利益確保と損切りを同時に行える

 

成行注文など通常の取引方法では、利益確保と損切りのタイミングを自分で判断しなければなりません。IFO注文では、利益確保と損切りを同時に行うことができるので、十分なリスク管理を行うことができます。

 

2.常にレートを確認する必要がない

 

IFO注文は1つめの注文が約定した後に、2つ目と3つ目の注文が自動で発動されます。したがって、常にレートを確認する必要がありません。忙しくて中々自身でトレードすることができない、レートを確認することができない人にとっては、非常に便利な注文方法です。

 

3.計画性が身につく

 

FX取引で重要なことは、計画的に行い利益や損失を管理することです。IFO注文は最初に利益や損失を計算して注文することになるので、自然と計画性が身につくようになります。初心者が陥りがちな、何となく取引してしまい損失が拡大してしまうことを防ぐことができます。

 

4.客観的に取引できる

 

初心者の段階で成行注文を行っていると、秒単位で上がり下がりするレートに一喜一憂してしまい、冷静さを欠いてしまうことがあります。「1円上がった」「損失が2万円になった」などその時々で感情が変化してしまい、冷静な取引を行うことができなくなってしまいます。IFO注文では、感情を排除して注文することができるので、客観的に見て取引することができます。

 

デメリット

 

1.最初の注文の発動に時間がかかることがある

 

IFO注文では最初に価格を入力するのですが、その注文の価格にならない限り発動することがありません。したがって、いつまで経っても注文が行われないことがあります。

 

2.手動で取引しなければならないことがある

 

最初に入力した価格から逆にレートが動いたときは、しばらく注文が発動されません。このようなときになったときは、注文をキャンセルするなり手動で取引するなり、自身で行わなければなりません。

 

 

IFO(アイエフオー)注文のまとめ

 

 

IFO注文の特徴や注意点を踏まえてまとめてみました。

 

利益と損失のバランスを取れる

事前に利益確保と損失制限を行うことができるので、バランスを取った取引をすることができます。口座のお金がなくなってしまう程の損失を出すリスクもありません。

 

常にレートを確認する必要がない

新規ポジションから利益と損失のバランスを取った注文ができるので、常にレートを確認する必要がありません。

 

初心者にはややハードルが高い

同時に3つの注文を入力するので、初心者にはややハードルが高いです。

 

最初の注文価格にならないと発動しない

IFD注文と同じく、最初の注文価格にならない限りその後の注文は発動しません。