FX オーシーオー注文

FX オーシーオー注文

OCO(オーシーオー)注文

 

 

FXオーシーオー注文

IFD注文は、同時に2つの注文を行うことができ、1つ目の注文が約定すれば2つ目の注文が発動するものでした。OCO注文に関しても、同時に2つの注文を行うことができます。違いは、OCO注文の場合は1つ目の注文が約定すると、もう1つの注文は取り消されるということです。

 

主な活用方法としては、為替レートが上がったときと下がったときに分けて注文を出す方法です。IFD注文と同じく、指値注文と逆指値注文どちらでも活用することができます。

 

特徴としては、新規に注文する際にも注文が閉じているときにも行えるということが挙げられます。したがって、利益を確定させることや、損失を想定することなど、応用が利く注文方法です。

 

新規の注文の際のOCO注文の活用

 

現在の相場は1ドル103円と仮定します。FX取引では通貨のトレンドを読むことが重要ですが、上昇すると予想し1ドルが105円になったときに買う逆指値注文を行いました。

 

ひとまず利益を確保するために、107円になった際に売る指値注文を行い、同時に損失を少しでも抑えるために1ドル104円になった際に売る逆指値注文を行うということが、OCO注文では可能となります。

 

今回ご紹介した場合においては、自身のトレンドの読みが正解だった場合は利益を2円出すことができ、トレンドの読みが外れてしまったときは損失を1円に抑えることができます。

 

ポジションを持っている際のOCO注文の活用

 

すでにドルを購入し、ポジションを持っている状況でレートが上昇していることは多々あります。このままレートが上昇すれば利益を出すことができますが、為替レートは単純なものではありません。仮にレートが下降してしまうと、現在の利益をふいにしてしまうことになります。

 

このような状況でも、OCO注文を活用することができます。

 

現在の状況は、1ドル110円で購入したドルが、1ドル115円まで上昇しています。この時点でドルを売っても大きな利益を出すことができますが、人というものは不思議なもので、利益を出すことができるチャンスはもっと稼ぎたいと思ってしまうものです。

 

このような状況でも、利益をさらに出すことと現状の利益を最低限確保することでOCO注文を活用できます。利益を確保するために、まずは1ドル120円になったときに売り注文を出します。同時に1ドル114円になったときにも売り注文ができるようにすることで、大幅な利益と最低限の利益を同時に確保することができます。

 

仮に1ドル120円になれば10円もの利益を確保することができますし、仮に114円まで下がったとしても最低限の4円の利益が確保できます。どちらのレートになっても利益をしっかりと確保することができます。

 

 

OCO(オーシーオー)注文の注意点

 

 

OCO注文自体は非常に応用力のある注文方法ですが、万能に全て対処することができる訳ではない点を踏まえる必要があります。仮に利益を確保するために、上昇トレンドと下降した際の両方で注文する方法があります。そのまま上昇したとして、利益を確保することができたとしても、もしかするとさらに上昇していたかもしれません。リスクを減らして利益を確保することができるOCO注文ですが、さらなる利益を出すことができたチャンスを逃してしまうこともあります。

 

また、OCO注文は基本的に「一部決済」に対応していません。したがって、全てのポジションを対象としている注文方法なので、一部だけ売るなどの戦略を取ることができません。

 

証券でも活用されるOCO注文ですが、新規にFXを行う方にとっては、単純なことですが注文方法を間違えてしまわないようにしましょう。陥りがちなのが、指値注文と逆指値注文を混同してしまい、価格を間違えてしまうことです。そうなると証拠金を大きく減らしてしまうことにもなりかねませんので、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

OCO(オーシーオー)注文の特徴

 

 

それでは、OCO注文の特徴をメリットデメリットに分けてご説明します。

 

メリット

 

1.利益と損失のバランスが取れる

 

新規注文でも活用することができるので、上昇トレンドと下降した際のリスクを両方考えて注文することができます。「利益の確保と損失の限定」を同時に行えます。

 

2.ポジションを持っている際にも利益を確保できる

 

仮に上昇トレンド真っ只中として、ポジションを持っている際にも活用できます。現状利益を出すことができる状況下でも、さらに利益を出すことができるレートと、下降した際のレートで注文を出すことができるので、利益が出ない状況になってしまうことがありません。

 

デメリット

 

1.注文の間違いに注意

 

指値注文や逆指値注文を活用するので、初心者は特に価格の間違いに注意しなければなりません。

 

2.利益を最大限確保できないこともある

 

利益をしっかりと出しやすいOCO注文ですが、上限を決めてしまうことになるので、最大限利益を確保できないことがあります。

 

 

OCO(オーシーオー)注文のまとめ

 

 

OCO注文の特徴や注意点を踏まえて、まとめを振り返りましょう。

 

新規注文で活用できる

新規注文でも、利益が出たときと損失が出てしまう2つのパターンで注文できるので、非常に応用力があります。

 

ポジションを持っているときにも活用できる

ポジションを持っているときにも、利益を確保するために活用できます。

 

注文価格に注意

初心者には多少難易度が高い注文方法なので、注文価格はしっかりと確認することが大切です。

 

最大限利益を確保できない場合もある

上限を決めて注文することが多いので、さらにレートが上昇した際には、最大限利益を確保できないことがあります。