FX イフダン注文

FX イフダン注文

IFD(イフダン)注文

 

 

IFD注文とは、分かりやすく言うと1度に2つの注文を出すことです。あらかじめ2つの注文を出しておき、1つ目の注文が約定した後に、もう1つの注文がスタートします。

 

FXイフダン注文

仮に現在のレートが1ドル110円だったとします。レートがこれから上がると予想し、IFD注文でまずは1つ目の取引である、1ドル115円で買うと注文します。この注文と同時に、1ドル120円になれば売ると注文します。予想通りレートが上がり1ドルが115円になれば、自動的に約定し買う取引が行われます。2つ目の注文に関しては、1つ目の注文が成立しない限り発動しないので安心です。

 

IFD注文は、指値注文でも逆指値注文でも行うことができるので、様々なパターンの取引を想定することができます。もちろん想定通りにレートが動いたときの利益を確定させる取引でも有効ですし、想定外の動きになってしまったときの損切りにも利用できます。基本的には、パソコンでレートをチェックすることができない、時間を取ることができないときに用いることが多い取引方法です。

 

IFD注文だけではなく、OCO注文、IFD注文とOCO注文を組み合わせたIFO注文などもあります。

 

それでは、具体的な利益を確定させる際と損切りするパターンをご紹介します。

 

IFD注文で利益を確定させる注文方法

 

現在の為替レートは110円ですが、これからレートが上昇する流れであることが分かりました。レートの上昇を狙って利益を確保するために、IFD注文を利用して1ドル111円になった時点で買い注文を行い、113円になった時点で売り注文を発注します。この注文通りに相場が推移すれば、2円の利益を確保することができます。

 

この注文方法では、逆指値注文と指値注文を組み合わせて利益を確保しています。上昇する流れがさらに強く、1ドルが115円まで上がるかもしれません。しかし、売り注文のレートを高くしてしまうと、レートが下げ戻しになり利益を出すことができないことも考えられます。買いと売りのレートのバランスが重要になる注文方法です。

 

IFD注文で損失を限定させる注文方法

 

利益を確定させる注文方法は、自身の予想通りにレートが推移した場合です。しかし、現実的には毎回利益を出すことができる訳ではありません。損失をいかに少なくすることができるか、それがFX取引で勝つために必要なことです。

 

IFD注文では、損失を限定させることもできます。現在のレートが1ドル110円だったとして、そのままレートが上昇すると予想し、111円で買い注文を行います。予想はそのまま上がることですが、仮に下がってしまい損失が出てしまうことも考えられたので、109円で売り注文を行います。上がれば利益を出すことができましたが、予想に反してレートが下がり109円で売り注文が確定しました。損失は2円となり、そのまま損失が拡大してしまうことを防ぐことができました。

 

 

IFD(イフダン)注文の注意点

 

 

IFD注文は同時に2つの注文を行うことができますが、この点に注意点が隠されています。

 

仮に利益を出すために買い注文と売り注文を出したとして、買い注文が成立したとします。そのまま売り注文ができるレートまで行けば良いですが、予想に反してレートが動くことも多々あります。こうなってしまうと自身が主導で注文し約定しなければならないので、その手間が必要になってしまいます。

 

したがって、IFD注文で全くレートを確認しないことは危険です。新規でFX取引を始めた方は、利益を出すということよりも損失を抑えるためにIFD注文を活用すると良いでしょう。利益が出るレートになったときは、手動で取引するとスムーズに行なえます。

 

 

IFD(イフダン)注文の特徴

 

 

IFD注文に関して、メリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

 

1.利益を確定させることができる

 

逆指値買い注文と指値売り注文を組み合わせることによって、利益を確定させることができます。

 

2.損失を抑えることができる

 

事前にレートを指定することができるので、損失を最大限抑えることができます利益を確定させるときとは逆に、逆指値買い注文と逆指値売り注文を組み合わせることによって、損失を抑えることができます。自身の予想通りにレートが推移しなかった際の保険として、利用することができます。

 

3.常にレートを確認する必要がない

 

IFD注文は自動で約定することができるので、常にレートを確認する必要がありません。したがって、どうしてもパソコンやスマートフォンでレートを確認できないときに便利です。

 

デメリット

 

1.手動で取引しなければならないこともある

 

利益を確定させる、損失を抑える、両方共手動で取引しなければならないことがあります。利益を確定させているときは、損失に関してはフォローがないので、レートが反動すれば手動で取引しなければなりません。損失の場合も同じように、手動で取引しなければ利益を確定することができない事態もあり得ます。

 

 

IFD(イフダン)注文まとめ

 

 

IFD注文に関して、注意点や特徴を含めてまとめてみました。

 

2つの注文を同時に行える

指値注文、逆指値注文など、2つの注文を同時に行えます。取引方法のバリエーションも様々です。

 

利益を確定できる

逆指値買い注文と指値売り注文の組み合わせによって、利益を確定させることができます。

 

損失を抑えることができる

逆指値買い注文と逆指値売り注文の組み合わせによって、損失を抑えることができます。

 

2つ目の注文は1つ目の注文の決済後に行われる

2つの注文を同時に行うという性質上、2つ目の注文は1つ目の注文後に行われます。したがって、1つ目の注文が決済されないかぎり、2つ目の注文が発動することはありません。

 

手動で決済する必要性もある

2つの注文を同時に行っても、その予想通りにレートが進む訳ではありません。レートによっては手動で決済する必要もあり、放置すると利益が出ない、損失が拡大することもあり得ます。