FX失敗談

FX初心者が陥る失敗談

FX初心者がやってしまった失敗談

 

 

世の中には、仕事以外にもスポーツやプライベートで大切なことがあります。それは、失敗から学ぶ必要があるということです。

 

人間は完璧な生き物ではありませんので、誰しもが大なり小なり違いはありますが、失敗をしてしまうものです。失敗をしたときに、その反省を生かして同じ失敗を繰り返さないようにすることが重要です。

 

FX失敗談

自身が失敗したことを繰り返さないことも大切なのですが、理想はそもそも失敗しないようにするということです。しかし、FX取引の初心者だと、どうしても失敗が多くなってしまいます。FX取引の失敗は損失を出すことに繋がり、利益を出すことはできません。

 

自身が経験しながら失敗をして、それを改善して行くと、損失が大きくなってしまいます。FX取引には、たくさんの失敗を繰り返してきた多くの先輩トレーダーがいますので、その諸先輩方から失敗談を学ぶことで、事前に自身の失敗を防ぐことができるようにしましょう。

 

それではいくつか挙げていきたいと思います。

 

 

大きな利益を狙うため、経済指標の発表時を狙って取引!

 

 

まず一つ目の失敗談は、「大きな利益を狙うために、経済指標のは発表時に取引を行う」です。

 

FX取引で参考にすることができるデータの1つとして、経済指標というものがあります。この経済指標を参考にすることによって、ある程度の値動きを予想することができます。

 

FX取引で経済指標は非常に重要ですし、実際為替相場が動くタイミングでもあります。自身が口座を持っているFX取引会社においても、どのタイミングで発表されるかは事前に知ることができます。

 

初心者は経験がありませんので、どうしても分かりやすい指標に左右されてしまいがちです。経済指標が発表される前に、自身の直感で決めてしまい、大きく損失を出してしまう失敗談は多々あります。また、他のトレーダーの情報を鵜呑みにしてしまい、その情報を元にポジションを決めてしまうこともあります。

 

FX失敗談

経済指標が発表される前に、初心者はポジションを持ってしまいがちです。そもそも、経済指標を狙っての取引は、大きく値動きするので非常にリスキーなものです。大きく利益を出すこともできますが、大きく損失が膨らんでしまうこともあります。

 

FX初心者は、最初の段階である程度の資金を決めています。経済指標は値動きが大きいので、損失を出してしまうと資金があっという間になくなってしまうことも考えられます。

 

そうなると、経済指標での取引は運任せになってしまい、これではスキルをアップすることはできません。はっきりと言えば、上級者であっても経済指標のタイミングで確実に値動きを判断するのは、ほとんどできないと言っても過言ではありません。

 

「分かりやすいデータが出るので経済指標を参考にして取引をしよう!」と判断してしまいがちですが、
初心者の内は経済指標前後にポジションを持つのは止めた方が無難です。

 

勝ちが小さく負けが大きい!通称コツコツ、ドカン取引!

 

 

二つ目の失敗談は「通称コツコツ、ドカン」です。

 

これも、初心者が陥りがちな失敗談の1つです。簡単に言えば、利益を出すことができるときは少額をコツコツで、損失を出してしまうときは大きくドカンとなってしまうということです。この理由は、FX取引初心者のメンタルに原因があります。

 

初心者の段階では、本当に取引が正しいか疑心暗鬼になってしまいます。このときに少しでも利益が出ると「このまま放置するとポジションが下がってしまい、損失が出てしまうかもしれない」とネガティブになってしまいます。こうなると焦ってしまい、少額の利益が出ている状態で決済してしまいます。

 

FX失敗談

不思議なもので、初心者は損失が出たときには逆のことを考えてしまいます。「現在のポジションでは損失が出ている。でも、少し待てば利益が出るようになるかもしれない」と考えるのです。こうなると損失はみるみる増えてしまい、ロスカットする危険性が増します。

 

FXや株式に限らず、取引を行うときには、線引をはっきりさせることが重要です。ポジションがここまでになれば利益を確定する、ここまでになれば損切りするなど決めておくことで、ズルズル損失が増えることを防止できます。

 

FX初心者は、常に冷静になれるように心がけましょう。

 

 

知識不足な当てずっぽ取引!

 

 

最後の失敗談は、「知識不足の当てずっぽ取引」です。

 

FX初心者のときは、当然ですが知識も少ない状態です。色々なことにおいても、知識が少ないと失敗してしまう確率が大幅に上がります。これはもちろんFX取引でも同じことで、初心者の段階では適当にポジションを持っていることが多々あります。

 

FX失敗談

何気なくチャートを見て、下がり始めているからそろそろ上がるだろうとヤマカンで購入し、結果として損失を出してしまうなどは良くある例の1つです。チャートを適当に見て判断するのは、初心者に最も多い失敗と言っても良いです。

 

もうご存知の方も多いかもしれませんが、FX取引では様々な要因で値動きしており、それに対する知識も膨大です。チャートの見方は基本的なことですが、各国の経済状況やテクニカル指標、他の相場の値動きも関連しています。初心者だと、全てのことを一気に学ぶのは難しいと言わざるを得ません。

 

しかし、知識を得ることによって、失敗を減らし利益を出すことができるようになります。それでも一気に学ぶことはできませんので、最初はチャートを見ながら簡単なことを学ぶようにしましょう。市販されている書籍には、チャートの見方など基本的なことが記載されています。それを見ながらチャートを見るようにするだけで、必要な知識を増やすことができます。

 

もちろん書籍だけなく、基本的なレクチャーを行っているサイトを見ながらでも構いません。
初心者の第一歩は、すぐに大きな利益を出すことを目標にするのではなく、流れや知識を把握することから始めましょう。